日本ボクシングを再興する会のマニフェスト MANIFEST

各都道府県が会長の退会要求書署名押印の判断をするにあたって、『今後のビジョンは? 新体制のことがわからないので答えが出せない』との問い合わせを多く受けました。
それについて、『日本ボクシングを再興する会』としては、以下のマニュフェストをお示しさせて頂きます。
全国の皆様と意見交換をしながら公益社団法人化を目指し、定款の変更と定款の完全履行、適正な財務管理と透明化、大阪事務所の閉鎖等の財政改革、国体毎年開催のための活動をしていきます。また、健全な新体制のために国会議員複数名の方に顧問になって頂けるよう働きかけます。
新体制と都道府県連盟をネットで繋ぎ、日本連盟の財務状況を詳細に年度途中で報告・開示(年4回が目標)致します。決算書も常に閲覧できるように致します。
また、公正性を高めるため、都道府県連盟からのご意見をネット上で伝えられるようにシステム化します。重要事項の決定には新体制が独り歩きにならないようネット上でアンケートをとり、意思決定に都道府県が皆参加できるようにします。選手ファースト・都道府県ファーストの精神で進めていきます。
都道府県が全国大会を開催するにあたり、正規(予算通り)の助成金を支出し、運営を円滑にすすめるように協力します。
不要な食事会などの接待行為を廃止して、開催地実行委員会や都道府県連盟の負担を減らし、円滑でスムーズな大会運営に努めます。
グローブ・リング・ヘッドギア等に関しては、全国の販売店で購入できるようにメーカーと交渉します。連盟に収支があった場合には公表致します。
公正な判定が行われるように、連盟に皆様の意見を受け付ける窓口を作り体制を整えていきます。
アマチュア連盟としてプロ団体とも協力しながらアンダージュニア選手が相互の練習会や競技会に出場できるような環境を整備します。

ご意見・ご相談など

当会へのご意見