ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 【世界選手権】開幕!気になる日本勢の1回戦は?

世界選手権】開幕!気になる日本勢の1回戦は?

2019-09-09 22:38:39


抽選会&テクニカル・ミーティング

 

 ロシアのエカテリンブルクでは、現地時間8日に第20回世界ボクシング選手権(19歳以上の男子対象)の抽選会が行われ、日本から出場する5階級の代表を含めた365選手のためのトーナメント表が完成しました。
 日本のトップバッターは、10日にライトヘビー級1回戦で、梅村錬 選手(拓殖大学)がDazambekov Umar 選手(オーストリア)と対戦します。11日はフェザー級の村田昴 選手(自衛隊体育学校)がChen Zhihao(中国)と対戦。12日はフライ級の柏崎刀翔 選手(福井県スポーツ協会)がDelgado Luis(エクアドル)、ライト級の成松大介 選手(自衛隊体育学校)がAljassas Ali 選手(サウジアラビア)と対戦し、ウェルター級の岡澤セオン 選手(鹿児島県体育協会)は、16日にZeljko Marko 選手(クロアチア)とHambli Wahio 選手(フランス)による1回戦の勝者と対戦予定です。なお、ミドル級で出場予定だった森脇唯人 選手(自衛隊体育学校)は、トレーニングの段階で軽い故障を発症したため、大事をとって出場を見送りました。

現地入りして初陣に備える日本勢
ミーティングに出席したタイ・モンゴル・日本の合宿仲間