ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【ヨーロッパ情報】ロシアで計画中の主要大会は年内3つ

ヨーロッパ情報】ロシアで計画中の主要大会は年内3つ

2022-02-26 22:18:02

 「ウクライナ情勢」の悪化が続く中、IOC(オリンピック委員会)は、当事国であるロシアとベラルーシに、スポーツイベント内での国旗使用を禁止することを理事会で決定しました。3月4日に開幕する北京冬季パラリンピックもその対象になるかは未確定です。IOCではパラリンピック閉幕から7日後まで戦闘を止める「オリンピック休戦」のルールが設けられており、先述の2カ国はこれに違反したという判断になりました。
 IBA(国際ボクシング協会)が公式ウェブサイトに掲載している今年の主要大会では、ロシア国内で開催予定の国際大会が3つあります。6月にはエリート男子を対象に『グローバル・カップ』が同国内、7月21日から31日までヨーロッパ女子選手権がウランウデ、9月29日から10月9日まで、男女の大学生を対象にFISU(国際大学スポーツ連盟)主催の『格闘技ワールドカップ』のボクシング競技がエカテリンブルグで開催を計画されています。IBAは現在、IOCの公認団体から一時的に外れていますが、情勢の変化次第で、これらの計画も影響を受ける可能性があります。

男子世界選手権2019が開催されたエカテリンブルグ
女子世界選手権2019が開催されたウランウデ