ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【社会人選手権】新旧の名選手も多数経験!歴代全日本王者をチェック

社会人選手権】新旧の名選手も多数経験!歴代全日本王者をチェック

2022-08-25 05:24:34

2014年度優勝・井上浩樹

 

 1949年に第1回大会が開催。以降、国際大会への出場権をかけることもあった全日本社会人選手権が、来月14日から19日まで、紋別市スポーツセンター(北海道内)で2019年度以来の開催となります(第74回大会)。1987年度大会では辰吉丈一郎が当時の最年少優勝、2003年度大会では亀田興毅がボクシング兄弟ブームの到来で話題を集めました。今年度は女子競技も初めて実施へ。ここで、歴代の優勝選手をおさらいしてみましょう。

 

今年度大会要項

(※サイズが小さい場合は拡大してご確認ください。)