ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【五輪】女王ボクサーも懸念「ボクシングにはオリンピックが不可欠」

五輪】女王ボクサーも懸念「ボクシングにはオリンピックが不可欠」

2022-02-23 11:35:59

 2012年ロンドン・オリンピックの女子ライト級金メダリストであり、現在はプロボクシング界の4団体統一世界ライト級王者として活躍するケイティ・テイラー選手(アイルランド)が、オリンピック競技としての地位が不安定であるボクシング現状について、「ボクサーのモチベーションにおいて、オリンピックでの実施が不可欠」とコメントし、競技への愛着を示しました。テイラー選手は、かつてレスリングがオリンピック種目から一時除外されたことを挙げ、「ボクシングと同じ主軸の種目だったので落胆した」とも振り返りました。
 オリンピック種目におけるボクシングは、1904年セントルイス大会で初採用後、開催国スウェーデンで禁止されていた1912年ストックホルム大会以外、すべての大会で実施されています。競技統括団体のIBA(国際ボクシング協会)に、未解決課題が複数残っていることから、2028年ロサンゼルス大会の計画には、まだ加わっていません。

(ロンドン大会優勝時のテイラー選手ⒸIBA)