ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【パリ五輪】ボクシングの予選システムが確立――IOCとIBAが連携

パリ五輪】ボクシングの予選システムが確立――IOCとIBAが連携

2022-04-16 19:15:37

 IBA(国際ボクシング協会)は、IOC(国際オリンピック委員会)や各大陸・各国のボクシング連盟の担当部門と連携し、2024年にパリ(フランス)で開催される夏季オリンピックのボクシング予選システムが、IOCの理事会で確認されたことを報告しました。

 パリ・オリンピックはボクシングの参加選手数は男女とも124名で、男子7階級・女子6階級で構成されます。

 男子では、IBAが昨年に設けた13階級とパリ・オリンピックで実施される7階級が下記のように組み合わされます。

IBA階級・パリ五輪階級・出場枠総数

 

 女子では次のように組み合わされます。81kg級、81kg超級はパリ・オリンピックの予選プログラムでは、対象外となりました。

IBA階級・パリ五輪階級・出場枠総数

 

 オリンピック予選は2023年1月1日から2024年5月31日までに実施されることがルールです。その予選は、次の4段階で構成されることが発表されました。

 

[第1段階]
枠数:男子26・女子20
来年(2023年)下半期に開かれる世界選手権がオリンピック予選を兼ね、男子13階級、女子10階級(上述2階級以外)の決勝進出者2名にオリンピック出場枠が割り当てられます。男子の2023年世界選手権はタシュケント(ウズベキスタン)での開催が決まっています。

 

[第2段階]
枠数:男子42・女子36
今後に発表される『オリンピック・ランキングリスト』で、来年末(2023年12月31日)の各階級上位6選手に与えられます。この際、第1段階で通過した選手は対象外となります。

 

[第3段階]
枠数:男子42・女子56
2024年3月末日の『オリンピック・ランキングリスト』に基づいて5大陸(アフリカ、アジア、南北アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア)の選手に割り当てられます。同時に開催国フランスには7枠が保証されます。

 

[第4段階]
枠数:男子14・女子12
2024年5月、男女のオリンピック階級を対象に世界最終予選が開催され、トーナメントの決勝進出者2名に出場権が割り当てられます。何らかの理由で大会が開催できない場合、2024年3月末日の『オリンピック・ランキングリスト』に従って、上位から優先的に割り当てられます。

 

 1階級に各国1選手のみ出場権を得られます。『オリンピック・ランキングリスト』の構成方法は、来年1月より前に発表され、全予選の日程は来年1月までに決定されます。

(左から田中亮明・入江聖奈・並木月海。東京オリンピックで日本は過去最多3個のメダルを獲得しました)
(昨年の世界選手権では、坪井智也と岡澤セオンが決勝進出を果たし、そろって日本史上初優勝を収めています)