ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【世界選手権】過去6度優勝の「開催国レジェンド」はケガで欠場へ

世界選手権】過去6度優勝の「開催国レジェンド」はケガで欠場へ

2023-01-09 19:36:35

 3月15日から31日までニューデリーで開催される女子世界選手権には、2022年末の時点で国家代表302選手がエントリーをしたことが報告されています。開催国であり、世界有数の強豪国であるインドでは、今後に国内大会で代表選手が決まるとのことです。

 そんな中、今年で選手の定年(40歳)を迎える伝説的ボクサーのマングテ・メアリーコム選手(インド)はケガのため、同選手権への出場を断念していることが報じられました。過去の世界選手権で金6・銀1・銅1という超人的なメダル獲得実績を誇るメアリーコム選手は、2012年ロンドン・オリンピックでも銅メダルを獲得。インド国内では自伝映画でも人気を博し、史上最高のアスリートの一人して名前が挙がります。報道によれば、メアリーコム選手は再起の意向も示しているとのことです。

 

日本はこの大会のために重要な選考試合を、今月15日に実施いたします。

関連トピック:「日本代表×日本王者」で1月15日に代表選考試合

2018年大会を制した際のメアリーコム選手(Photo ⒸIBA)