ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 【男子世界選手権】日本史上最高のメダル4位・チーム5位

男子世界選手権】日本史上最高のメダル4位・チーム5位

2021-11-09 08:29:18

 男子世界選手権2021での日本のメダル順位は実に4位!チームの総合順位でも5位に食い込み、圧倒的な史上最高成績でした。
 ちなみに金メダルを獲得したバンタム級・坪井智也(自衛隊体育学校)とウェルター級・岡澤セオン(INSPA)が決勝で破ったのはカザフスタンとアメリカの代表選手です。下の詳細のとおり、3位以上のメダル争いにも影響を起こしたことになります。

 

 

[日本代表]

ミニマム級=48kg級
荒竹一真(駒澤大学)

フライ級=51kg級
田中将吾(東洋大学)

バンタム級=54kg級
坪井智也(自衛隊体育学校)

フェザー級=57kg級
堤麗斗(東洋大学)

ライト級=60kg級
堤駿斗(東洋大学)

ライトウェルター級=63.5kg級
今永虎雅(東洋大学)

ウェルター級=67kg級
岡澤セオン(株式会社INSPA)

ライトミドル級=71kg級
秋山佑汰(自衛隊体育学校)

ミドル級=75kg級
森脇唯人(自衛隊体育学校)

ライトヘビー級=80kg級
梅村錬(株式会社ラクウン)

 

 

[本記事に関する取材申請・お問い合わせ]コチラ