ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 【男子世界選手権】日本代表が現地入り

男子世界選手権】日本代表が現地入り

2021-10-21 21:32:34

宿舎での森脇と梅村

 

 第21回男子世界選手権に出場する日本代表が、ドバイを経由して開催地のベオグラード(セルビア)に到着しました。現地時間24日から長くハードな戦いが開幕します。オンライン中継などを通じて、応援をよろしくお願いいたします!

 

 

[開会式]
10月24日19:00

[試合]
10月25日~11月2日
13:00~午後の部
18:00~夕方の部

[休憩日]
11月3日

[準決勝]
11月4日
13:00~午後の部
18:00~夕方の部

[決勝]
11月5〜6日
18:00~

※中央ヨーロッパ時間

 

 

[日本代表]

ミニマム級=48kg級
荒竹一真(駒澤大学)

フライ級=51kg級
田中将吾(東洋大学)

バンタム級=54kg級
坪井智也(自衛隊体育学校)

フェザー級=57kg級
堤麗斗(東洋大学)

ライト級=60kg級
堤駿斗(東洋大学)

ライトウェルター級=63.5kg級
今永虎雅(東洋大学)

ウェルター級=67kg級
岡澤セオン(株式会社INSPA)

ライトミドル級=71kg級
秋山佑汰(自衛隊体育学校)

ミドル級=75kg級
森脇唯人(自衛隊体育学校)

ライトヘビー級=80kg級
梅村錬(株式会社ラクウン)

 

(現地空港での日本チーム)