ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 法人経営・運営及び事業について

Japan Boxing Federation

人経営・運営及び事業について

② 競技の普及・振興

  • 1.日本選手権大会その他の競技大会の開催

  • 2.競技力の向上に関する事業

  • 3.公平で安全な競技を行うための事業

    • 1)競技規則の制定

      本事業は、国内で開催されるボクシング競技会に適用される競技規則を制定し、競技の公平性・安全性を確保することにより、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

    • 2)審判員及び指導者(コーチ)の資格認定

      【審判員・ブロックDS】

      審判員、ブロックDSの認定は、公平かつ安全に競技をできる環境を整備することにより、選手が安心して競技に参加することを通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

      【セカンド】

      セカンドの認定は、安全に選手が活躍できる環境を整備することにより、選手が安心して競技に参加することを通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

    • 3)講習会の開催

      講習会の実施を含めた資格試験の実施を通じて、公平かつ安全に競技をできる環境・安全に選手が活躍できる環境を整備することにより、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

    • 4)アマチュアボクシングの安全確保、健康管理等

      選手が安全にボクシング競技を行える環境を整え、ボクシングに参加しやすいようにすることを通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

      「大会時(試合時)の医師の役割について」
      「検診判定表」
    • 5)競技用品販売店の指定

      グローブ等の競技用品を検定する能力を有する販売店を指定することにより、アマチュアボクシング競技の安全性を確保することを通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

      *(すぐにではなくてよいので)審査会の委員を理事会で選任する
  • 5. 世界で活躍するための事業

    • 1)アマチュアボクシングに関する調査研究

      世界各国の競技力の調査と研究、および、国内への情報提供により我が国の競技力の向上を通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

    • 2)国際審判員及び指導者(コーチ)の育成

      国際審判員等をより多くの輩出し、国際大会に精通する者を増すことによる我が国の競技力向上を通じてアマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

  • 6. 関係スポーツ団体への加盟及び協力

    • 我が国のアマチュアボクシング団体を代表する団体として公益財団法人日本スポーツ協会(JSPO)、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、国際ボクシング協会(AIBA)に加盟し協力をすることにより、アマチュアボクシング競技の基盤となる環境を整備することを通じて、アマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。

  • 7. アマチュア規定の制定及びアマチュア資格認定

    • プロ経験者のアマチュアボクシングへの復帰によりアマチュアボクシングのさらなる発展・技術の向上を通じてアマチュアボクシングの普及及び振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的としている。