ホーム
お知らせ
大会
会員登録
お問合せ

ホーム > 【男子世界選手権】「代表の半数は22歳以下」日本の将来にも期待

男子世界選手権】「代表の半数は22歳以下」日本の将来にも期待

2021-11-13 11:35:30

 2階級での金メダル獲得など日本が過去最高成績を収めた第21回男子世界選手権。ASBC(アジア・ボクシング連盟)のSNSでも日本の快進撃がご紹介されています。[ご参照

 今月下旬(24日~29日)は国内の頂上決戦、史上初の男女合同開催となる全日本選手権にもご注目ください![大会概要

 

 

[日本代表]

ミニマム級=48kg級
荒竹一真(駒澤大学)

フライ級=51kg級
田中将吾(東洋大学)

バンタム級=54kg級
坪井智也(自衛隊体育学校)

フェザー級=57kg級
堤麗斗(東洋大学)

ライト級=60kg級
堤駿斗(東洋大学)

ライトウェルター級=63.5kg級
今永虎雅(東洋大学)

ウェルター級=67kg級
岡澤セオン(株式会社INSPA)

ライトミドル級=71kg級
秋山佑汰(自衛隊体育学校)

ミドル級=75kg級
森脇唯人(自衛隊体育学校)

ライトヘビー級=80kg級
梅村錬(株式会社ラクウン)