ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 2019年度 第18回全日本女子ボクシング選手権大会 日本連盟推薦者について

Japan Amateur Boxing Federation
タグ検索

カテゴリー: お知らせ

日本連盟推薦基準 【目的】 第1条 この基準は、一般社団法人日本ボクシング連盟(以下「この法人」という)が、全国大会参加選手を推薦するにあたって、推薦基準(以下「日本連盟推薦基準」という)を定めることを目的とする。   【全日本ボクシング選手権大会】 第2条 全日本ボクシング選手権大会(以下「全日本選手権」という)における日本連盟推薦基準は下記とする。 (1) 前年度全日本選手権優勝者 (2) 前年度国民体育大会優勝者 (3) 前年度社会人選手権大会優勝者 (4) 本年度関西大学リーグ戦の1部リーグ5戦全勝者 (5) 本年度関西大学リーグ戦の1部リーグ優秀選手賞受賞者及び階級賞 (6) 本年度関東大学リーグ戦の1部リーグ5戦全勝者 (7) 本年度関東大学リーグ戦の1部リーグ優秀選手賞受賞者及び階級賞 (8) 国際大会にて著しい活躍をした選手として強化委員会が選出し、業務執行理事会が承認した者   推薦基準(1) 【ジュニアの部】2018年度 第17回全日本女子ボクシング選手権大会(昨年度優勝者) ピン級 貞松 優華 高志館高等学校 ライトフライ級 篠原  光 日本体育大学桜華高等学校 フライ級 安村 可麗 堺工科高等学校 フェザー級 木村 萌那 岐阜工業高等学校   推薦基準(1) 【シニアの部】2018年度 第17回全日本女子ボクシング選手権大会(昨年度優勝者) ライトフライ級 仲田 幸都子 平成国際大学 フライ級 晝田 瑞希 自衛隊体育学校 バンタム級 濱本 紗也 日本大学 フェザー級 入江 聖奈 日本体育大学 ライト級 柳井 妃奈実 近畿大学 ライトウェルター級 田口 綾華 関西学院大学 ウェルター級 菊池 真琴 社会医療法人 敬和会 ミドル級 大谷 美結 自衛隊体育学校   推薦基準(2) 第83回国民体育大会ボクシング競技(昨年度優勝者) フライ級 河野 沙捺 静岡県ボクシング連盟   推薦基準(8) 強化委員会が選出し,業務執行理事会が承認する。 フライ級(51kg級) 並木 月海 自衛隊体育学校  推薦理由:コロトコフ国際トーナメント 金メダル獲得 フェザー級(57kg級) 入江 聖奈 日本体育大学  推薦理由:コロトコフ国際トーナメント 銅メダル獲得 ライト級(60kg級) 釘宮 智子 警視庁  推薦理由:コロトコフ国際トーナメント 銅メダル獲得 ミドル級(75kg級) 大谷 美結 神奈川県警  推薦理由:コロトコフ国際トーナメント 銅メダル獲得   以 上
標記のことにつきまして,先日,2019AIBA女子世界選手権代表選考会が行われ,下記のとおり,代表選手が決定いたしましたので,お知らせいたします。 なお,2019AIBA女子世界選手権大会は10月,ロシア/ウラン・ウデ市にて行われる予定となっております。 記 階  級 氏  名 所  属 ライトフライ級(45-48kg級) 仲田 輪幸 平成国際大学 フライ級(51kg級) 並木 月海 自衛隊体育学校 バンタム級(54kg級) 濱本 紗也 日本大学 フェザー級(57kg級) 入江 聖奈 日本体育大学 ライト級(60kg級) 釘宮 智子 警視庁   以上
関係各位 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 さて、標記の件について一般社団法人日本ボクシング連盟(以下、日本連盟と称します)は下記の通り、実施することといたしました。つきましては、下記の通り、周知徹底をしていただき、都道府県連盟と日本連盟が一体となり、東京オリンピックの成功とメダル獲得に向けて最大限の協力と努力を惜しまず、結果につなげられるようご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
標記のことについて,一般財団法人 鈴木正雄記念財団様より, 令和元年度奨学生募集要項をいただきましたので,ご紹介させていただきます。 募集要項(7.手続)をよくご確認の上,必要書類をそろえて,提出先にお申込みください。
標記のことについて,下記のとおり,昨日のIOC総会において,東京オリンピックでのボクシング競技開催が正式に決定されました。 それに伴い,この度,東京オリンピック ボクシング競技を開催する,墨田区の皆様をはじめボクシング連盟,多数の有望選手と共に決起大会を行いましたので,ご報告させていただきます。 記 1日 時  2019年 6月27日(木)19時30分~20時30分 2場 所  すみだリバーサイドホールイベントホール 3主 催  墨田区  
標記のことにつきまして,下記のとおり,日本ボクシング連盟スポーツ科学委員会へ3名の方が就任いたしましたので,ご紹介させていただきます。 記 氏 名 所 属 中山 晴雄  東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科医 小松 泰喜  日本大学スポーツ科学部(競技スポーツ学科 教授) 荒牧  勇  中京大学スポーツ科学部(スポーツ健康科学科 教授) 以 上  
標記のことにつきまして,2019AIBA世界選手権代表選考会が行われ,フェザー級 代表として村田 昴(自衛隊体育学校)及びライトヘビー級 梅村 錬(拓殖大学)が選出されましたので,お知らせいたします。 本選考会により,下記のとおり,世界選手権大会代表選手が確定いたしましたので,改めてご紹介させていただきます。 記 階  級 氏  名 所  属 フライ級(52kg級) 柏崎 刀翔 福井県スポーツ協会 フェザー級(57kg級) 村田  昴 自衛隊体育学校 ライト級(63kg級) 成松 大介 自衛隊体育学校 ウェルター級(69kg級) 岡澤 セオン 鹿児島県体育協会 ミドル級(75kg級) 森脇 唯人 自衛隊体育学校 ライトヘビー級(81kg級) 梅村  錬 拓殖大学   以上
標記のことにつきまして,この度,日本ボクシング連盟事務局が移転いたしましたので,お知らせいたします。 記 新事務所住所・連絡先 住 所 160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2 Japan Sport Olympic Square 7F 706 電話番号 03-6804-6751 FAX番号 03-6804-6752 メール boxing@japan-sports.or.jp 以 上

元プロ競技者のアマチュア登録について

元プロ競技者のアマチュア競技者登録の方法が確定いたしました。
2019-05-27 19:11:48
標記のことについて,下記のとおり,プロ競技経験者(プロボクシング他)のアマチュアボクシングの競技者登録の方法は下記のとおりです。 プロ競技者がアマチュア競技への転向・復帰するには,プロ競技引退後,6か月間の準備期間が設けられています。その期間において,アマチュアボクシングの知識を蓄えることや,練習を行ってください。 ① 転向・復帰を希望する個人より「アマチュア転向・復帰申請書」をもって郵送にて,日本連盟に申請する。 ・プロボクシング経験者は日本ボクシングコミッション(JBC)より引退届をお取り寄せください。 ・そのほかのプロ競技経験者の方は下記添付の「プロスポーツ団体引退証明書」またはそれに代わる,証明書にプロ競技団体より証明いただくようにお願いいたします。 ② 審査を経て申請者にアマチュア復帰の可否を伝える。復帰相当と認められた者に 日本連盟より「アマチュア復帰承認書」を交付する。 ③ アマチュア復帰が承認された者は都道府県連盟に承認書のコピーを添え選手・役員登録を所属団体(アマチュアの役員等が在籍する団体)より都道府県連盟を通して日本連盟に行う。 ④ 上記申請が都道府県連盟なされた場合,各都道府県連盟は日本連盟に復帰承認が正しくなされているかの確認を行う。 ⑤ 都道府県連盟は④の確認を行った上、通常選手と同様に役員・選手登録を行う。 (登録データを送信する際にアマチュア転向・復帰者であることをメール本文に記載) ⑥ プロスポーツ競技の経験者で優秀な成績を残した者でも通常の初回登録者として扱う。(実戦競技出場資格証明書等) 必要書類については,下記添付またはこちら(https://jabf-revival.com/forms/)よりダウンロードしてお申込みください。