ホーム
お知らせ
大会
連盟概要
お問合せ

ホーム > 令和2年度 全国高校選抜大会及び全日本UJ大会開催に関して

Japan Amateur Boxing Federation
タグ検索

カテゴリー: お知らせ

関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信   令和2年度 全国高校選抜大会及び全日本UJ大会開催に関して    拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。  新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言の発令により、東京オリンピックをはじめとする、多くの大会が中止・延期となり、選手たちが活躍の場を失っております。しかしながら、昨今の国民一丸となった感染予防の取り組みにより、大規模な感染拡大はコントロールされてきています。また、他競技に関しても、十分な感染対策を行った上で、全日本レベルの大会が開催されるなど、「ウィズコロナ」の状況におけるスポーツが再開の兆しを見せています。  さて、来年3月に予定されております、令和2年度全国高校選抜並びに全日本アンダージュニア大会ですが、理事会で十分に議論した結果、ガイドラインを遵守しながら、「例年通り開催する」として決定させて頂きました。各都道府県及びブロック連盟におきましては、ガイドラインを遵守しながらの予選会の開催をお願いできればと思います。  もちろん、全国の感染状況によって、想定外の延期や中止が発生する可能性は否定できません。その際は日連から迅速に連絡をさせていただきます。    また、先日発表させて頂きましたガイドラインに関しても、刻々と移り変わる感染の状況を勘案しながら、随時更新させて頂きます。最新版を、日本ボクシング連盟ホームページ(https://jabf-revival.com)からご確認いただければと思います。    皆様の益々のご発展を、心より祈念させて頂きます。   以 上
会議名:第2回 普及・広報委員会合同ミーティング   開催日:令和2年10月10日(土)   会 場:オンライン(ZOOM)   出席者:男子普及委員会:三橋委員長,仁多見副委員長,梅下委員,藤井委員      女子普及委員会:中川委員長,後藤副委員長,岩崎委員,藤崎委員,佐々木委員     広報戦略委員会:岩崎委員長,森山副委員長,井崎委員,菊池委員,安川委員             有川委員,及川委員     オブザーバー :内田会長,冨岡マネージャー,善理氏   議 題:マスボクシング競技・大会について     競技の普及について
標記のことにつきまして、下記のとおり、先日、理事会が行われ、競技規則、医事ハンドブック、審判規程の改訂が行われましたので、お知らせいたします。 また、審判更新に関する救済措置のお知らせ並びに、3月に改訂となりました、セカンド規定につきましても、ご提示させていただきます。 ※審判規程並びに申請書に一部誤りがございましたので、修正し再掲載させていただきました。
会議名:第1回 普及・広報委員会合同ミーティング   開催日:令和2年9月26日(土)   会 場:オンライン(ZOOM)   出席者:男子普及委員会:三橋委員長,仁多見副委員長,藤井委員      女子普及委員会:中川委員長,藤井委員,岡本委員     広報戦略委員会:岩崎委員長,森山副委員長,井崎委員,菊池委員             安川委員,佐藤委員,有川委員,及川委員     オブザーバー :内田会長,善理氏   議 題:マスボクシング競技・大会について     
関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信    【8/6改訂】競技活動再開に向けたガイドラインについて(お知らせ)   標記のことについて,競技活動再開に向けたガイドラインが改訂されましたので,お知らせいたします。   記    添付文書   「【2020年8月6日改訂】感染症と共存する新しい生活様式におけるボクシング競技の活動再開に関するガイドライン」
関係各位   一般社団法人 日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信 大会の中止について(お知らせ)    平素より、本連盟の活動に対しまして、ご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。  さて、開催予定でありました下記の大会は、当連盟の強化担当、医事担当をはじめとした関係者との協議を重ねて参りましたが、現在も猛威を振るい続ける新型コロナウイルスに対し、ガイドラインを遵守した上で、複数日に渡るトーナメントを継続することが非常に困難であるということから、選手をはじめとした指導者、大会運営スタッフへの安全を考慮し、中止を決定いたしました。  今大会出場に向け、日々努力精進している選手、指導者、保護者の皆様をはじめ、大会開催に向けご尽力頂いている皆様方に、改めまして深くお詫びを申し上げます。  大変残念な結果ではありますが、現状の厳しい情勢を考慮頂き、ご理解頂きますようお願い申し上げます。   記   1) 大会名・・・ 第90回全日本ボクシング選手権大会 第19回全日本女子ボクシング選手権大会(シニア)   開催期・・・ 令和2年11月2日㈪~6日㈮   開催場所・・・ 東京都・墨田区総合体育館   2) 大会名・・・ 第72回全日本社会人ボクシング選手権大会 第19回全日本女子ボクシング選手権大会(ジュニア) (三重とこわか国体ボクシング競技リハーサル大会)   開催期・・・ 令和2年12月9日㈬~13日㈰   開催場所・・・ 三重県・志摩市阿児アリーナ   以 上   ※ 都道府県大会・ブロック大会については、各地域での感染状況や地域性を勘案し、ブロック医事委員長の医学的判断の下、大会を計画、実施してください。なお、「感染症と共存する新しい生活様式におけるボクシング競技の活動再開に関するガイドライン」を遵守してください。
関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会  長  内 田 貞 信 日本連盟事務局におけるテレワークの継続及び段階的出勤について(ご報告)   謹啓 貴台益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 当連盟運営については平素より絶大なるご協力をいただき深く感謝申し上げます。  さて,6月2日付けで「東京アラート」の発令がございましたが,本連盟としては,引き続き新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から,原則,事務局職員のテレワークについて継続することといたしました。ただし,段階的出勤(任意出勤)とし,感染予防策を講じたうえで出勤することといたします。業務については,継続中同様にオンラインで可能な限り対応してまいります。なお,メールや連盟事務局の電話は通じておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。  つきましては,テレワーク継続中の業務内容は,下記のとおりとなります。関係各位の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご理解のほど,よろしくお願い申し上げます。 また,関係各位のご健康を心よりお祈り申し上げます。 謹白   記   1. 継 続 期 間  令和2年6月15日(月)~6月30日(火)    段階的出勤期間     同 上   2. 再  判  断  令和2年6月30日(火)   3. 業     務  ① 原則,テレワークとします。             ② 連盟メールは共有しているため使用は可能です。             ③ 期間中の連絡先は、連盟事務局より転送ができるようになっております。
関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信    2020年度 全日本ボクシング選手権大会および 競技活動再開に向けたガイドラインについて   謹啓 時下ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。 平素より、当連盟の活動に対して、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。  さて、先日行われた第2回理事会において、本年度11月開催予定である,第90回全日本ボクシング選手権大会及び 第19回全日本女子ボクシング選手権大会(シニア)全日本選手権大会について、課題も数多くございますが、日本連盟として開催の方向で準備を進めていくことが決まりましたことをご報告いたします。 関係各位におかれましては、この度、当連盟 医事委員会に作成いただきました別紙のガイドラインを参考にしていただき、選手のボクシング活動、競技会の再開に向けてご協力を賜りたく、お願い申し上げます。  また、当初6月20日(土)に開催を予定しておりました,日本連盟総会につきまして、直前ではございますが、現在の東京アラートが発出されている現状を鑑みて、7月中旬へ延期させていただきますことをお知らせいたします。 具体的な日程と参加方法につきましては、追ってご連絡をさせていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 謹白   記    添付文書   「感染症と共存する新しい生活様式におけるボクシング競技の活動再開に関するガイドライン」
関係各位   一般社団法人 日本ボクシング連盟 会 長 内 田 貞 信   「新型コロナウイルス感染拡大」による第90回全日本ボクシング選手権大会及び 第19回全日本女子ボクシング選手権大会(シニア)開催可否の判断時期変更について  平素より、本連盟の活動に対しまして、ご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。  さて、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、標記の大会について、令和2年5月3日に開催されました一般社団法人日本ボクシング連盟理事会において協議致しました。その結果、大会開催日の150日前(令和2年6月5日)までに開催可否の判断をすることと致しましたが、下記の通り、開催可否の判断時期について変更することと致します。  大会出場に向け、日々努力精進している選手、指導者、保護者の皆様をはじめ、大会開催に向けご尽力頂いている皆様方にご心配をおかけし、改めまして深くお詫びを申し上げます。  現状の厳しい情勢を考慮頂き、ご理解頂きますようお願い申し上げます。   記    【第90回全日本ボクシング選手権大会】  【第19回全日本女子ボクシング選手権大会(シニア)】          ・・・令和2年11月2日(月)~6日(金)開催予定      【変更前】   150日前まで(令和2年6月5日(金)まで)に開催可否の判断    【変更後】   令和2年6月6日(土)開催の理事会にて開催可否の判断及び開催可否の判断時期の変更も含め審議し発表する   以 上
関 係 各 位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会  長  内 田 貞 信   日本連盟事務局におけるテレワークの継続について(ご報告)   謹啓 貴台益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 当連盟運営については絶大なるご協力をいただき深く感謝申し上げます。 さて,5月25日付けで緊急事態宣言解除の発表がございましたが,本連盟としては,引き続き新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から,事務局職員のテレワークについて継続することといたしました。業務については,緊急事態宣言中と同様に,オンラインで可能な限り対応いたします。なお,メールや連盟事務局の電話は通じておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。 つきましては,テレワーク継続中の業務内容は,下記のとおりとなります。関係各位の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご理解のほど,よろしくお願い申し上げます。 また,関係各位のご健康を心よりお祈り申し上げます。 謹白   記   1. 継続期間  令和2年6月1日(木)~6月12日(金)   2. 再  判  断  令和2年6月12日(金)   3. 業  務  ① 基本的にテレワークとします。          ② 連盟メールは共有しているため,使用は可能です。          ③ 期間中の連絡先は、連盟事務局より転送ができるようになっております。(事務局03‐6804‐6751)          ④ 必要に応じて,感染予防策を講じたうえで出勤いたすことがございます.
関係各位   一般社団法人 日本ボクシング連盟 会 長 内 田 貞 信   大会出場に向けた練習期間及び内容の確保について(お願い)    平素より、本連盟の活動に対しまして、ご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。  さて、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、令和2年5月3日に開催されました一般社団法人日本ボクシング連盟理事会において協議の結果、下記の通り決定いたしました。 大会出場に向け、選手達は充分な練習期間を経てください。また、通常の技術練習等を行い、万全のコンディショニングの上で大会に出場して頂きたく、お願い申し上げます。  未だ終息に向け、先行き不透明な状況です。日々、充分なトレーニングを行えない状況の中ではありますが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。   記   【大会出場に向け、守って頂きたいこと】  1)練習期間の確保      ・・・概ね2ヶ月間以上の充分な練習期間を経ること    2)練習内容の確保      ・・・体力、気力、技術共に維持・向上できる練習内容が確保できていること    3)大会出場の条件      ・・・実戦に対応できる体力、技術が伴っていると判断できる選手に限る    4)感染予防及び健康の維持      ・・・常に感染予防に努め、健康の維持に努めること   以 上
関係各位 一般社団法人 日本ボクシング連盟 会 長 内 田 貞 信   「新型コロナウイルス感染拡大」による大会開催可否の判断時期について    平素より、本連盟の活動に対しまして、ご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。  さて、開催予定の下記の大会について、令和2年5月3日に開催されました一般社団法人日本ボクシング連盟理事会において協議の結果、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、大会開催可否の判断時期について決定いたしました。 なお、下記大会に係る、都道府県大会及びブロック大会(全日本社会人・全日本女子(ジュニア)はブロック大会無し)については、大会が開催されることが決定次第、予選大会を行うようお願いいたします。  大会出場に向け、日々努力精進している選手、指導者、保護者の皆様をはじめ、大会開催に向けご尽力頂いている皆様方にご心配をおかけし、改めまして深くお詫びを申し上げます。  現状の厳しい情勢を考慮頂き、ご理解頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。   記   【第90回全日本ボクシング選手権大会】 【第19回全日本女子ボクシング選手権大会(シニア)】 ・・・令和2年11月2日(月)~6日(金)開催予定  ※150日前まで(令和2年6月5日(金)まで)に開催可否の判断   【第72回全日本社会人ボクシング選手権大会】 【第19回全日本女子ボクシング選手権大会(ジュニア)】 ・・・令和2年12月9日(水)~13日(日)開催予定  ※90日前まで(令和2年9月10日(木)まで)に開催可否の判断   【第32回全国高等学校選抜大会/JOCジュニアオリンピックカップ】 ・・・令和3年3月22日(月)~26日(金)開催予定 【第10回全日本UJボクシング大会】 ・・・令和3年3月27日(土)~28日(日)開催予定  ※150日前まで(令和2年10月23日(金)まで)に開催可否の判断   以 上
関係各位   一般社団法人 日本ボクシング連盟 会 長 内 田 貞 信   大会の中止について(お知らせ)    平素より、本連盟の活動に対しまして、ご支援ご協力を賜り深く感謝申し上げます。  さて、開催予定でありました下記の大会は、令和2年5月3日に開催されました一般社団法人日本ボクシング連盟理事会において協議の結果、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、大会の中止を決定いたしました。  今大会出場に向け、日々努力精進している選手、指導者、保護者の皆様をはじめ、大会開催に向けご尽力頂いている皆様方に、改めまして深くお詫びを申し上げます。  大変残念な結果ではありますが、現状の厳しい情勢を考慮頂き、ご理解頂きますようお願い申し上げます。   記    1)大  会  名・・・ 第7回全日本UJボクシング王座決定戦    開  催  期・・・ 令和2年8月29日(土)    開催場所・・・ 東京都・墨田区総合体育館    2)大  会  名・・・ 第2回キッズボクシング統一王座決定戦(JCL vs UJ)    開  催  期・・・ 令和2年11月若しくは12月    開催場所・・・ 未定    3)大  会  名・・・ 第74回全日本大学ボクシング王座決定戦    開  催  期・・・ 令和2年11月若しくは12月    開催場所・・・ 未定   以 上
関係各位   一般社団法人 日本ボクシング連盟      会 長  内 田 貞 信 スポーツ科学委員会 委員長  石 橋   勇   「アマチュアボクシング選手の外傷・障害に関するアンケート調査」 に関するご協力のお願い(依頼)    謹啓 惜春の候,皆さまにおかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。  平素よりスポーツ科学委員会の活動にご理解ご協力いただき誠にありがとうございます。  さて,私どもはアマチュアボクシングの外傷・障害の実態を明らかにし,選手の健康情報に資するため,その取り組みとして「アマチュアボクシング選手の外傷・障害に関するアンケート調査」に取り組んでおります。  そこで本調査では,アマチュアボクサーを対象として,WEBを利用した調査を実施することになりました。  5月5日(火)各都道府県連盟へメールにて,アンケートURLおよびQRコードを送付させていただきましたので,ご確認の上,ご協力のほど,何卒よろしくお願いいたします。   【アンケート調査期間】   令和2年5月5日〜令和2年7月31日   【アンケートURL】   アンケートは指定のURLよりWEB上でお答えいただく形式となります。   URLは各都道府県連盟へ送付させていただいております。 謹白            
関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会  長  内 田 貞 信 事務局長  菊 池 浩 吉   日本連盟事務局テレワーク期間の延期について(ご報告)    時下、ますますご清祥のことと拝察申し上げます。  さて、 5月5日付けで安倍総理より緊急事態宣言の延長について発表を受け、日本連盟事務局はテレワーク期間についても延長することとしました。 業務については、オンラインでの可能な限り対応いたしますが、メールや連盟事務局の電話は通じておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします 。 つきましては、テレワーク期間中の業務内容は、下記のとおりといたしますので、宜しくお願い申しあげます。  関係各位の皆様のご健康とご家族のご盛栄を祈念申しあげます。   記   1.現状テレワーク・・・令和2年3月30日(月)~5月6日(水)まで   2.延 長 期 間・・・令和2年5月7日(木)~5月31日(金)まで   3.再  判  断・・・令和2年5月31日(金)   4.そ  の  他・・・①基本的にテレワークとします。             ②連盟メールは共有しているため、使用は可能です。             ③期間中の連絡先は、連盟事務局より転送ができるようになっております。   以 上
  都道府県連盟 関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟  会 長 内 田 貞 信         年次健診について(通達)      平素より、日本連盟の活動に対して格別なご理解とご配慮を賜り、厚くお礼申しあげます。 さて、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京オリンピック・パラリンピック1年延期の発表がありましたが、国内の感染状況を踏まえ、日本連盟医事委員会に対して年次健診について検討をお願いしました。 検討内容は、新年度の継続的な健康診断は原則「3月または4月中」と義務づけられていることについてでした。医事委員会で検討し、理事会において下記のとおり、決定しましたので、周知徹底をお願いいたします。  国内ではオーバーシュートの可能性もあり、依然として細心の注意が必要です。2020年度の前半期の活動は自粛する必要があると考えますが、日本連盟としても状況を踏まえて、早急の対応をしたいと存じます。  関係の皆様とご家族のご健康を祈念申しあげます。   記   変更前・・年次健診は「原則として3月または4月中」   変更後・・「2020年度は6月末までとする」   以 上  
都道府県連盟 関係各位   一般社団法人日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信     第31回全国高等学校ボクシング選抜大会及び 第9回全日本UJボクシング大会(石川県)出場資格 の認定について(ご連絡)    時下、ますますご盛栄のこととお慶び申しあげます。  世界中を混乱に陥れている新型コロナウイルスの感染拡大についてWHOは、パンデミック宣言をしましたが、IOCも東京オリンピックの延期を含めた協議を示唆し、日本政府も延期を容認する姿勢を明らかにしました。    日本連盟としては、いち早く状況を把握し、標記大会を中止することを決断しました。断腸の思いではありましたが適切な判断だったと考えております。    さて、先日、日本ボクシング連盟に一通の手紙が届きました。それは、UJ関係者からのもので、子供達は一生懸命取り組んできたことについて考慮を求める内容でした。そこで、標記大会出場予定であった選手に対して、下記のとおり、認定書を送ることを決めました。つきましては、貴連盟所属する該当者に対して、表彰の場を設けて授与していただくことをお願い申しあげます。    UJ・ジュニアの存在はボクシング関係者の宝です。都道府県連盟の普及活動がタレント発掘、UJ・ジュニア指導が強化につながり、そして日本代表が誕生することは間違いありません。今後とも、都道府県連盟と日本連盟の取り組みが普及と振興のつながるように、共に尽力することを期待しております。    今後も新型コロナウイルス感染は、いつオーバーシュートとなっても不思議ではない現状と思われます。関係各位の皆様とご家族のご健康を祈念いたします。   記   1.第31回全国高等学校選抜ボクシング競技大会・・出場資格者として認定   2.第9回全日本UJボクシング大会・・勝利者賞   以 上
標記のことについて,下記のとおり,独立行政法人 造幣局より,ボクシング等の記念貨幣のご案内をいただきましたので,ご紹介させていただきます。   なお,本件のお問い合わせ・お申込みは造幣局へお願いいたします。   お申込み先(造幣局HP内)   https://www3.mint.go.jp/front/   造幣局お問い合わせ電話番号   050-5548-8686   造幣局ホームページ  ① https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/hanbai_r2_olym4.html</span  ② https://www.mint.go.jp/shintyaku/sale/hanbai_r2_complete.html   造幣局フェイスブック   https://www.facebook.com/mint.go.jp/
関係各位   第32回オリンピック競技大会(2020/東京)ボクシング競技 日本代表選手の内定及び開催国枠出場内定選手の選出について   一般社団法人日本ボクシング連盟 会 長  内 田 貞 信     2020東京オリンピックの開催国枠使用階級の決定について、IOCタスクフォースより、アジア・オセアニア大陸予選終了後の3月28日(土)までとする旨通知がありました。また、3月3日未明に新たなQualification Systemの発表があり、アジア・オセアニア大陸予選開催期間中ではございますが、日本代表内定選手の内定及び開催国枠出場選手の選出について下記のとおり、変更いたします。   <日本代表の内定及び開催国枠出場内定選手の選出>  ○アジア・オセアニア大陸予選にて、自力で出場権を獲得した選手を日本代表として内定する。    ○開催国枠※(男子:4枠・女子:2枠)が満たされなかった場合、アジア・オセアニア大陸予選の結果及び試合内容を踏まえ、過去の実績等に鑑み、強化委員会で開催国枠出場階級・内定選手を選出する。   ※開催国枠の考え方(男女共通)     例:五輪ホスト国が大陸予選で男子出場枠を1つ獲得した場合,開催国枠として男子3階級を選択できる。       五輪ホスト国が大陸予選で男子出場枠を2つ獲得した場合,開催国枠として男子2階級を選択できる。       五輪ホスト国が大陸予選で男子出場枠を3つ獲得した場合,開催国枠として男子1階級を選択できる。    ○過去の実績として評価する大会は2017年~2019年に開催された以下の国際大会とする。  【男子】   2017年世界選手権大会(ドイツ)   2018年アジア競技大会(インドネシア)   2019年アジア選手権大会(タイ)   2019年世界選手権大会(ロシア)  【女子】   2018年世界選手権大会(インド)   2018年アジア競技大会(インドネシア)   2019年アジア選手権大会(タイ)   2019年世界選手権大会(ロシア)   ○選出された選手について、選手選考規程第3条に基づき選考を行い、理事会の承認を得る。   <その他> ○アジア・オセアニア大陸予選の結果及び試合内容を踏まえ、世界最終予選(2020年5月パリ)への派遣選手について、派遣するか否か強化委員会にて決定する。   ○今後IOCタスクフォースによるQualification Systemの更新等があった場合、本選出基準についても更新される可能性がある。   以 上